OpenID ファウンデーション・ジャパン

年末年始休業のお知らせ

By staff | 2017年12月28日

OpenIDファウンデーション・ジャパンでは、下記の期間を年末年始休業日とさせていただきます。

  • 2017年12月29(金) 〜 2018年1月8日(月)

なお、緊急の場合は contact@openid.or.jp までメールでお問い合わせください。

皆様にはご不便をおかけしますが、何卒ご理解くださいますようお願い致します。

続きを読む

(講演レポート)OpenID BizDay #11 「NIST SP 800-63-3を読む」

By staff | 2017年12月21日

講演レポート公開のお知らせ

2017年10月13日(金)と10月27日(金)の二回に渡って開催した「OpenID BizDay #11 - NIST SP 800-63-3を読む - 」の講演レポートが公開されましたのでお知らせいたします。

なお、当日の配布資料も公開しておりますので、是非ご覧ください。

OpenIDファウンデーション・ジャパンでは、外部団体との連携を強化し様々なセミナーを開催し啓発活動を強化していきたいと考えておりますので、今後ともよろしくお願いいたします。

続きを読む

エバンジェリスト派遣について

By staff | 2017年12月21日

OpenIDファウンデーション・ジャパンでは、主催セミナーのほかに、エバンジェリストを派遣する社内勉強会も実施しております。

ありがたいことに多くの企業様からエバンジェリスト派遣制度のお問い合わせをいただいておりまして、公開可能な企業様については 事務局ブログ で紹介しております。

  • 直近のエバンジェリスト派遣実績
    • LINE株式会社
    • 株式会社日立製作所
    • 日本アイ・ビー・エム株式会社
    • 株式会社リコー

会員企業は無料、非会員企業は有料となりますが、アイデンティティ技術に関する社内検討についてはぜひOpenIDファウンデーション・ジャパンまでお問い合わせください。

続きを読む

事務局の電話番号変更のお知らせ

By staff | 2017年10月10日

電話番号変更のお知らせ

OpenIDファウンデーション・ジャパンの電話番号が2017年10月16日(月)より変更となりますので、お知らせいたします。


【新電話番号】 03-6276-5082

【旧電話番号】 03-5790-9450


なお、住所に変更はございません。何卒よろしくお願い申し上げます。

続きを読む

OpenID BizDay #11 「NIST SP 800-63-3を読む」開催のお知らせ

By staff | 2017年10月02日

10/13 & 10/27 の2回にわたってBizDay #11を開催します

前回の BizDay #10 において CIS 2017 報告の中でも触れた NIST SP 800-63-3 Final について、現在 OIDF-J 翻訳 WG 有志による翻訳活動が進んでおります。
そこで、今回のBizDay では、翻訳メンバーによる NIST SP 800-63-3 の解説を行うとともに、有識者をまじえたパネルディスカッションを行います。
10/13(金) 第一回では、SP 800-63-3 のコアとなる 63-3、および Identity Proofing に特化したサブドキュメントである 63A について扱います。
10/27(金) 第二回では、残りの Authentication に特化した 63B、Federation に特化した 63C について扱います。
ご都合よろしければ、ぜひ2回ともご参加下さい。
なお今回の BizDay #11 は JIPDEC 様との共催となりますので、申し込みは JIPDEC 様サイト よりお願いします。
以下、JIPDEC 様サイトより、イベント概要転記します。

OIDF-J・JIPDEC共催 OpenID BizDay #11「NIST SP 800-63-3を読む」

米国国立標準技術研究所(NIST)が発行するコンピュータセキュリティ関連レポート「SP 800シリーズ」の認証に関するガイドライン「Electronic Authentication Guideline(電子的認証に関するガイドライン)」第3版( NIST SP 800-63-3)が今年6月に正式発表されました。このガイドラインは 米国政府のセキュリティ対策での利用を前提にしていますが、政府系システムとの接続要件等にも関係してくるため、世界的にも大きな影響を与える可能性があります。既にID管理技術に関する業界団体Kantara Initiativeでは、新規格に合わせた認証スキームの更新が進められています。
このため、OpenID ファウンデーション・ジャパンは、特にID管理・連携に携わる方々がガイドラインをより深く理解し、サービスへの対応や新たなシーンでの適用を検討していただけるよう、ドラフト段階から翻訳作業を行い、日本語訳を提供してきました。
本セミナーでは、公開していたドラフト版日本語訳を正式版に合わせてブラッシュアップしたものをもとに、翻訳者の方々にNIST SP 800-63-3の全体像や旧版との変更部分等を解説していただくとともに、これからのID管理・連携のあり方についてディスカッションを通じて考えていきたいと思います。

続きを読む